Windows8.1 トライアード チューニング

OSセットアップ時
※簡単設定
自分で設定する

※ネットワークの種類
社内ネットワーク

※PCとアプリを更新する
WindowsUpdate – 重要な更新プログラムを自動的にインストールする
自動的に・・・ -?全てオフ

※PCとプライバシーを保護する
全てオフ

※解決策をオンラインで調べる
全てオフ

※Microsoftアカウントへのサインイン
新しいアカウントを作る – Microsoftアカウントを使わずにサインインする

※Microsoftやその他のサービスと情報を共有する
全てオフ

 

※デスクトップの背景
単色(紺色)

※スクリーンセーバー
3Dテキスト:待ち時間10分(再開時にログオン画面に戻るにチェック)

※電源管理
「電源設定の変更」→「高パフォーマンス」にチェック→「プラン設定の変更」
ディスプレイを暗くする:なし
ディスプレイの電源を切る:45分
コンピューターをスリープ状態にする:なし
プランの明るさを調整:最も明るく

※デスクトップアイコンの変更
コンピューター:チェック
ユーザーのファイル:チェック
ネットワーク:チェック

※デスクトップアイコン
画面右クリック→「表示」→「小アイコン」

※システムの詳細設定(システムのプロパティ)→詳細設定→パフォーマンス
パフォーマンスを優先するにチェック

スクリーンフォントの縁を滑らかにする
アイコンの代わりに縮小版を表示する

※タスクバーの通知領域
タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する

※ナビゲーション
スタート画面ではなくデスクトップに移動する

※フォルダオプション
表示 – 隠しファイル

※タスクバー
「ストア」と「エクスプローラー」をピンから外す

※コントロールパネル
表示方法を「小さいアイコン」

※InternetExplorer(なるべく使用しない)
メニューバーを表示
詳細設定→
デフォルトページをYahoo or Google
「ブラウザーを閉じたとき「Temporary Internet Files」フォルダーを空にする」をチェック

※Adobe最新バージョンインストール
Adobe Reader
Adobe Flash Player (for IE)

※CubePDFインストール
オプションをインストール・設定しないよう注意

※Lhaplusインストール
ショートカットは「スタートメニュー」「デスクトップ(解凍)」と「デスクトップ(圧縮)」(zip)にチェック

※メーラー
Thuderbirdを標準インストール後、一度起動しておく
(起動時に…確認するのチェックを外し、既定として設定をクリック)

※セキュリティソフト
無し

※LAPLINKヘルプデスク
デスクトップ上にショートカットを作成しておく。

※アクションセンター
Windows SmartScreen に関するメッセージを無効にする

※Microsoft Officeインストール
インストール後 一度起動させて 、Microsoft Updateを有効にする

※WindowsUpdate
IEが最新版にアップデートされた場合、初回起動時のメッセージで「推奨設定を使わない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です